お知らせと日記news+blog

  • category

  • archives

    • 2022 (14)
    • 2021 (21)
    • 2020 (4)
    • 2019 (5)
    • 2018 (8)
    • 2017 (51)
    • 2016 (142)
    • 2015 (98)
    • 2014 (26)
  • 自然布
  • 2015.01.20.Tue

Exif_JPEG_PICTURE

(芭蕉布のハギレ)
 

自然布は、草の茎の皮や、木の皮から採った靱皮(じんぴ)繊維を用いた布を指します。

(自然布の糸は、緯糸のみに用いる場合と、経糸・緯糸共に用いる場合があります。)

自然布は、草木布(そうもくふ)、原始布(げんしふ)とも言われますが、

名称が異なるだけで、同じ布たちを指しており、

ここでは、自然布の名称を用いたいと思います。

 

日本の自然布の種類には、

科布、藤布、葛布、楮布、太布、紙布、芭蕉布、

などがあります。

いずれも素材から繊維を採り、長い糸とするまでに、

長い長い時間と、大変な手間を要します。

 

野良着や袴、風呂敷や袋など、様々な用途と形態で、

生活の中で用いられてきた自然布ですが、

時代が変化するにつれ、その姿は昔のように見られることはなくなりました。

今ではほとんどの自然布は、わずかに産地や保存会で作られる限りとなりましたが、

素材によっては、産地以外の場所で試作されたり、

現代の作家が糸作りから取り組み、用いている場合もあります。

 

時間と手間を要する仕事に、それでも取り組み続ける理由は、

素材の魅力か、どこにあるのでしょうか。

 
自然布は、日本の布の魅力と既に出会われた方々にとって、

よく知られた存在かもしれません。

教草で記す事柄程度では、

上級者の方々には物足りないものになると思いますが、

初歩のお話を記していきます。

 
かつては日本の広い範囲で作られ、

衣食住の一部に在った日本の布の姿を、

少しずつでも、垣間見ていければと思います。