お知らせと日記news+blog

  • category

  • archives

    • 2018 (3)
    • 2017 (51)
    • 2016 (142)
    • 2015 (98)
    • 2014 (26)
  • ものたち〈布〉
  • 2015.07.30.Thu

 
_20150730_220328
 

ものたち〈布〉 を更新しました。

  • 8月の出店予定(更新済)
  • 2015.07.29.Wed

 
_20150724_142825
 

暑中お見舞い申し上げます。

お暑い中、骨董市までお出掛けいただき、ありがとうございます。
 

8月もいくつかの催しに参加します。

魅力あるものと出会えそうな市が続きます。

お時間ございましたら、ぜひ(暑さ対策の上)お越しください。

 

2(日) 大江戸骨董市 9:00-16:00

7(金)~9(日) 野見の市 於:国分寺 兒嶋画廊 12:00-18:00 (在廊調整中。出品のみかもしれません。)

16(日) 大江戸骨董市 9:00-16:00

23(日) 乃木神社骨董蚤の市 9:00-夕方頃(15時頃に片付けます)

29(土) 青山 Weekly Antique Market 10:00-17:00
 

海や山へ行って、風が通る木陰でぼうっとしたい。

皆様、涼やかな良い夏をお過ごしください。

 

※先日掲載した旧森岡書店蚤の市は、中止となりました。申し訳ございません。

  • 御礼/布を洗う
  • 2015.07.21.Tue

 
_20150721_123000

 

猛暑の日曜日、有楽町大江戸骨董市にて、

お立ち寄り、お買い上げ下さいました皆様、どうもありがとうございました。

ありがたいことに比較的木陰に位置し、お客様とも色々お話できました。

いつも見てくださる皆様、暑い日にありがとうございました。

 
湿気が多かったせいか、睡眠不足の頭は

熱にやられていたようで、眠るまで辛かったです……

これからの真夏日、しっかりして乗り切らなくては!

と改めて思いました。

 

さて、はじめましてのお客様も多かったので、

布の洗い方をおさらい。
 

麻の薄い布は、手洗い、脱水、日陰干し、をしてくだされば、

風合いが保てると思います。

脱水は軽くでも。洗剤(少量)も使って大丈夫です。

よく乾いてからアイロンをかけてみてください。
 

大きなもの(とても大判の木綿布など)を洗うときは、

手洗いが大変で、洗濯機をつかっています。

必ずネットにいれてください。

洗剤は中性洗剤を、少量使っています。

(注!古い型染めや和更紗の中には、水洗いでさーっと色落ちするものも。)

 

見たり、触れたり、仕立てたりと、

長く楽しんでいただけましたら幸いです。

猛暑の中、どうもありがとうございました。

  • 雨龍/アマリュウ
  • 2015.07.18.Sat

 
_20150718_130803
 

江戸やその昔、龍は水を司る神として信仰されてきたといいます。

雨龍(あまりゅう)と呼ばれるツノのない龍は、

みずちとも呼ばれる、龍の幼生。

木陰や人気のない岩場を好むと伝えられてきたそうです。

 
型染めの文様に、多く登場する雨龍は、

農耕に欠かせない天からの雨を、古の人々が求めた時、

象徴として見出だされた神のかたち、

とも言えるかもしれません。

 

最近、小さなちいさなハギレに始まり、その後

運よく大きさも種類も豊富に、江戸や明治の型染め布を手にすることができました。

 
最初は染めや型の技術にばかり感心していましたが、

よくよく教われば、気付くことすらできなかった

かたちや意味が現れてきました。

 
文様の意味や名前というものは、果てのない分野に思えていましたが、

こうしてひとつふたつと辿っていくのは、やはり楽しいものです。

 
日本にあった、沢山の言葉(文様)から、

日本にあった粋や祈りの文化が少しずつ見えてきました。
 

それが何だと笑われるかもしれませんが、

目に見えるもの、見えないもの、

それらを完結したかたち(型/文様)にした繊細な感性や創る力は、

凡人ひとりでは想像しえない世界まで、我々に見せてくれるような気がします。

 

ご興味のある方、まずは見に来てみてください。

明日19日の有楽町にもいくつか持っていきまーす。

(教草もまだまだ入口です、どうぞお手柔らかに……)

 

※参考文献「江戸文様こよみ」熊谷博人著 (2015/朝日新聞出版)

  • 準備中
  • 2015.07.17.Fri

 
_20150717_022632 _20150717_022423

 

19日の大江戸骨董市、持っていくもの選別中。

これじゃ、ツマラナイ。。

まだまだ続きます。

 

追記

代官山蔦谷書店から、教草の品物を搬出してきました。

お買い上げくださったお客様、どうもありがとうございました。

機会がありましたら、ぜひ骨董市にもお出掛けください。

  • 蕎麦と料理 滿/mitsu
  • 2015.07.15.Wed

 

_20150715_000222
 

信州松本の地で、今年の4月に開店した

蕎麦と料理 滿(みつ) 」さんへ行ってきました。

 
きっと気に入ると、地元の方から勧められたお蕎麦屋さんが滿さんで、

お料理も空間も、器もしつらえも、とても素敵でした。

 
お料理は、骨董の器を中心に、現代よりの器も交えながら、

ひとつひとつ、丁寧にあつめられたのだろうと感じる食器に

合わせて出して下さいました。

 
センスや心遣いに、凄いなぁと感心しきり、少しすましながら次の料理を待っていると、

店主の奥様から「あの、どこかで……?」と。

一瞬人違いと思ったものの、すぐに思い出しました。

大江戸骨董市で、白い麻布を選んで行ってくださった女性……。

その時の布を仕立てた様も見せて下さいました。

(教草には出来ない、とても丁寧な仕立て!)

 
こんなお店は、古物好きには特別に嬉しいお店です。

なんとなく弱気になっていた梅雨の日々でしたが、

本物の良さ、本物を扱うことの格好良さに、なんだか元気が出ました。

大切な器に、丁寧なお料理。

(そしてとても良心的なお値段。)

みずみずしいお蕎麦をまた食べに行きたいです。

 

滿さんはお二人で切り盛りする、小さなお店です。

ご来店を予定なさる際には、ご予約をお願いいたします。

 

〈 蕎麦と料理 滿/mitsu・ 〉

http://mitsu2015ss.jimdo.com

〒390-0874 長野県松本市大手5丁目3-4
0263-34-8103
不定休

  • 緑と水の涼
  • 2015.07.15.Wed

 
_20150714_223625 _20150714_221601
 

酷暑お見舞い申し上げます。
 
台風が近づいているようですが、

週末のお天気は大丈夫そうで、やっと……嬉しい限り。

 
19(日)は、久々の有楽町 大江戸骨董市に出店します。

こんなものが見たい、というご要望がありましたら、

お気軽にご連絡ください。
 

今回は出店者数も特に多いようです。(たぶん)

暑さ対策をしつつ、有楽町までお出掛けください。

どうぞよろしくお願いいたします。

  • 納品と出店
  • 2015.07.03.Fri

_20150630_161750

 
点店が終わったら久々に布の勉強をしよう、と思っていたのに、

まだしていません。

もう7月です。

 
今晩は、代官山つたや書店に布を追加(入れ替え)してきます。

麻布ばかりだったので、木綿も少し入れてこようと思います。

こちらは7月半ばまでです。

お時間ございましたら、是非人文コーナーまでお立ち寄りください。

 
週末、4(土)は 青山 Weekly Antique Marketに出店します。

アンティークマーケットの200回目を記念し、先着でプレゼントがあるそうです。(ドリンクチケットだそう。)

こちらは雨でも開催します。

 
お天気が気になる5(日)は、 大江戸骨董市に出店予定です。

有楽町は久々になるので、気合いを入れて……

 
5日の大江戸骨董市は天候不順のため中止となりました。

次回の出店は7/19大江戸骨董市です。

どうぞお楽しみに。